紫外線よる日焼けを予防!!UVカット、耐候機能付きのビニールカーテンはきれいに長持ち

現在 27 人が購入検討中!

10000円(税込)以上送料無料
0120-000-000 営業時間10:00~18:00

メールで注文: info@vinyl-tent.com / FAX番号: 03-5935-9953

PDFダウンロード 対応エリア

商品カテゴリー

  • 施工事例
  • 施工事例
  • ビニテンおすすめ製品
  • お問い合わせ
  • 製作の流れ
  • お写真募集

ビニテン運営サイト紹介

  • ビニールカバー・ビニールシート
  • ルーフシェード
  • デザインテント
  • テント倉庫
  • 株式会社ビニテン
このエントリーをはてなブックマークに追加

紫外線よる日焼けを予防!!UVカット、耐候機能付きのビニールカーテンはきれいに長持ち

お店の入り口やテラス席前、工場や倉庫の出入り口とビニールカーテンは屋外に面した場所でも大活躍しております。しかし、気になるのが劣化のスピード。屋外に面した場所で使っているビニールカーテンは屋内で使用しているビニールカーテンに比べて黄色く変色するスピードが速く見た目が悪くなりがちです。

その劣化は人のお肌と同じ、紫外線(UV)による日焼けが原因です。紫外線は波長の短い電磁波であり、波長が短い電磁波ほどそのエネルギーは大きくなります。紫外線は物質に吸収されるとその物質の構造を変化される作用があるのです。

耐候ビニールカーテンはその紫外線による劣化を抑制する吸収剤を配合することにより樹脂の黄変が抑制できるのです。劣化スピードは紫外線のあたる量に比例するので、北面より南面、壁面より天井面の方が劣化が早くなりますが、一般のビニールカーテンですと2年ほどで変色が始まりますが耐候ビニールカーテンは5年以上黄変を抑制します。

有害な紫外線をどのくらい防げるか実験

では、ほんとに違いがあるのでしょうか?
ビニテンでは促進耐候性試験機により耐候機能付きビニールカーテンとそうでない物とではどのくらいの差があるのかをテストをしました。試験機は紫外線フェードメーターを使用。この試験機は紫外線カーボンアークによる人工光源により太陽光を再現し劣化時間を短縮して調べることができます。

 

試験体として耐候機能付きの生地と一般品を用意し、促進試験による色の変化を観察・比較します。

耐候機能付き生地:VT-035H、VT-055H、サーニティW、スカイクリア0.5t

一般生地:VT-035、VT-055、フラーレ0.5t

以下が実験結果です。

試験結果1(試験前と1000時間紫外線照射した後の比較)

試験前 1000時間
VT-035
VT-035H
VT-055
VT-055H
サーニティW
フラーレ0.5t
スカイクリア0.5t

試験の結果、一般の生地は変色しているのに対し、耐候機能付きの生地は試験前とほぼ変化がないことが確認できました。有害な紫外線がブロックされ、UVカットが実現しています。

この耐候促進試験では200時間から1000時間まで200時間ごとの変化を観察しております。試験機での変化のため実際の使用とはさまざまな状況がかわってくるので一概には言えませんが、試験機200時間の照射がおおむね一年間の屋外使用に相当するのではないかと思われます。
以下は紫外線照射を200時間ごとに記したものです。

試験結果2(照射200時間ごとの変化)

試験前 200時間 400時間 600時間 800時間 1000時間
VT-035
VT-035H
VT-055
VT-055H
サニーティW
フラーレ0.5t
スカイクリア0.5t
 

出入口やテラスは人目に付きやすい場所です。変色したカーテンではお店や会社の印象が悪くなってしまいます。永くきれいなカーテンをお使いいただくために耐候機能の付いたビニールカーテンをお選びください。ビニテンの耐候機能付カーテンは透明タイプ・透明糸入りタイプで4種類をラインナップ。使用場所、サイズによってお選びいただけます。

タイプ 品名 厚さ 屋外での使用範囲
透明 スカイクリア0.5 0.5㎜ 高さ3m以内の小規模なカーテン
透明糸入 VT-035H 0.35㎜ 高さ3m以内の小規模なカーテン
VT-055H 0.55㎜ 高さ4m程度まで
サーニティW 1.02㎜ 高さ5m程度まで
耐候ビニールカーテンはこちら
施工実績 どの商品が最適かわからない方も、素早く見積もりしたい方も、お電話一本でなるほど納得!
フリー用紙ダウンロード
さっそく相談する
サンプルを申し込む
感謝祭キャンペーン実施中!