防炎ビニールカーテンと不燃ビニールカーテンの違い

現在 43 人が購入検討中!

10000円(税込)以上送料無料
0120-000-000 営業時間10:00~18:00

メールで注文: info@vinyl-tent.com / FAX番号: 03-5935-9953

PDFダウンロード NP 対応エリア

商品カテゴリー

  • 施工事例
  • 施工事例
  • ビニテンおすすめ製品
  • お問い合わせ
  • 製作の流れ
  • お写真募集

ビニテン運営サイト紹介

  • ビニールカバー・ビニールシート
  • ルーフシェード
  • デザインテント
  • テント倉庫
  • 株式会社ビニテン
このエントリーをはてなブックマークに追加

防炎ビニールカーテンと不燃ビニールカーテンの違い

防炎と不燃の違い

ビニールカーテン(ビニールシート)において防火性能を表現する言葉に「防炎」と「不燃」とがあります。この2つの言葉ですが専門用語としての使い方と文字からのイメージとのギャップ、ニュアンスの違いなどがあり理解が難しいのでその違いについて解説したいと思います。 まず初めに「防炎」について、その意味は炎を防ぐ=「燃えにくい」という性能のことです。防炎性能のある製品は小さな火種が接した時に簡単に着火することなく、もし着火してしまったとしても添加や塗布した薬剤の作用で自己消火し、燃え広がることを防ぎます。 防炎の認定は国認定の登録確認機関である公益財団法人日本防炎協会が防炎性能の基準を審査して行っております。「防炎」は発生する火災を予防し安全な屋内環境を実現するために導入されたもので、特に高層建築物や地下街など構造的に避難が困難になりがちな場所や、劇場・ホテル・飲食店や物品販売を営む店舗などの不特定多数の人が出入りする施設において使用するカーテンは防炎性能を有するものでなければならないと消防法(第8条の3)によって決められております。 近年では防火意識の高まりから工場や倉庫、事務所、住宅においても防炎カーテンの使用が推奨され、各消防署からの指導も行われております。火災はひとたび起こしてしまうと大惨事につながってしまいます。あなたや周りの人、もの、建物を守るためカーテンには「防炎」の製品をお選びください。 つぎに「不燃」について、「不燃」の文字は建築基準法のなかに「不燃材料」という言葉としてでてきます(第2条の9)。その中で不燃材料とは「建築材料のうち不燃性能に関して政令で定める技術的基準に適合するもので、国土交通大臣の認定を受けたもの。」と規定されております。建築材料についての規定ですので、カーテンだけではなく建物を構成する屋根や外壁、柱等の主要構造部から間仕切壁や間柱など構造上は重要でない部分にまで使用する材料に等しく当てはまります。 不燃性能の基準は通常の火災による火熱が加えられた場合に ・20分間、燃焼しない。防火上有害な損傷がない。避難上有害な煙又はガスを発生しない。 という要件を満たしているものです。 つまり、ビニールカーテンの材料において表記される「不燃」とは火災時に一定の時間、火熱に耐えうることのできるものとして認定されたもので、金属加工時の溶接や溶断の火花受けシートのように常時火花にさらされることが前提のシートとは異なります。不燃材料を使用しなければいけない部分については建築基準法に規定されていますが、それ以外の部分についても、建築主事や消防署の指導により「不燃」の使用が求められる場合があります。 「防炎」と「不燃」とは一つの体系の基に決められているものではなく、「不燃」の認定を受けている材料も「防炎」の認定も合わせて取得しております。そのため、実際には「不燃」の方が「防炎」より上位として扱われております。 では、実際「不燃」のビニールカーテンに火を着けるとどうなるか、表面の樹脂は溶融し始めますが防炎剤の効果で火種がなくなると自己消火します。この段階で「防炎」のみのビニールカーテンの場合は生地に穴が開きます。 防炎ビニールカーテンは樹脂の中に入っている基布がポリエステル樹脂でできているので一緒に溶けてしまいます。 透明フィルムの場合はもともと基布自体がありません。「不燃」の場合は基布にガラス繊維が使われており、そのガラス繊維が火に耐えカーテンの反対側へ燃え移ることを防いでくれるのです。燃え抜けを防ぐことができるのが不燃ビニールカーテンの特徴です。 ガソリンスタンドや危険物倉庫といった火災負荷の高い場所や劇場や学校・工場など多くの人が集まる場所では消防や行政より不燃材料の使用が指導されている場合もありますので、そのような場所では不燃ビニールカーテンをお選びください。 そのほか火から連想される用語から「難燃カーテン」、「防火カーテン」、「耐火カーテン」と表現されることもありますが、用語の定義が確定されないため、当店では法律用語と合致する「防炎」と「不燃」を使用しております。 ビニテンでは、どんなタイプのカーテンが良いか、どんな生地を選べばよいのか等経験豊富なスタッフがご使用になる状況に合わせてご提案させていただきます。ご不明な点はどうぞお問い合わせください。 お問い合わせはこちら

【実験】防炎と不燃の生地に火種を置いてみました。

防炎と不燃の生地それぞれの上に点火したマッチを乗せその損傷の度合いを観察しました。 使用した生地は防炎品はターポリン0.35t、不燃品は不燃ターポリンRG4200FDです。 双方ともマッチを置いて約5秒後に鎮火しました。損傷状態として防炎品は火が接していた部分は完全に穴があいてしまっています。 それに対し不燃品は表面の樹脂は溶けてしまっていますが、中のガラス繊維の基布が貫通を防いでいるのが確認できました。
防炎(ターポリン0.35t) 不燃(不燃ターポリンRG4200FD)
着火
鎮火
損傷状態(表面)
損傷状態(裏面)
施工実績 どの商品が最適かわからない方も、素早く見積もりしたい方も、お電話一本でなるほど納得!
フリー用紙ダウンロード
さっそく相談する
サンプルを申し込む
感謝祭キャンペーン実施中!